ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

2021年5月11日 令和3年産新茶の初取引が行われました

 4月14日、静岡市葵区の㈱静岡茶市場で、令和3年の新茶初取引が行われました。取引開始に先立つ式典では感染症対策のため、例年約800人が集まるところ、今回は生産者・茶商・JA関係者ら約170人の参加となりました。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で式典が中止となり、2年ぶりの開催で、温暖な気候の影響で史上最も早い初取引となりました。
 式典では、同市場の内野泰秀社長が「静岡茶市場は生産者と茶商の架け橋となって茶の流通を支えていく」と挨拶、次いで川勝平太静岡県知事と田辺信宏静岡市長が祝辞を述べました。生産者を代表し、挨拶をした本会松永大吾経営管理委員会会長は「今年の新茶は最高の品質に仕上がっている。茶商の皆さんには積極的に静岡茶をご購入いただき、消費者に美味しい静岡茶を届けてほしい」と呼びかけました。
 一番茶の生育は、2~3月の気候が温暖だったことから生育が早く、初日の上場数量は県内産で約3,300㎏となりました。平均単価は4,207円/㎏。最高値段は、JA富士宮産手もみ茶「さえみどり」で、キログラム単価108万円。

初取引.JPG
▲挨拶する松永会長

このページの先頭へ

2021年5月11日 茶業委員会が県へ寄付金を贈呈しました

 4月2日、本会茶業委員会と本会は、静岡市葵区の県庁で、県が進めている新型コロナウイルス感染症に対する茶の効能を明らかにする研究に活かしてもらうため、122万6500円の寄付金を贈呈しました。贈呈式では、同委員会の塩澤勝義委員長と本会松永大吾経営管理委員会会長、石川和弘常務理事が、難波喬司静岡県副知事へ目録を手渡しました。難波副知事からは同委員会へ感謝状が贈られました。
 寄付金は、県茶業研究センターと環境衛生科学研究所、静岡県立大学が連携して行う新型コロナウイルス感染症に対するお茶の効能研究や研究成果の普及などに活用されます。同委員長らは「お茶の新型コロナに対する効能研究には茶農家も期待している。研究をきっかけに静岡茶の魅力を再発見し多くの人に親しんでもらいたい」と話しました。

寄付金.jpg
▲寄付金を受け取った難波静岡県副知事(写真右)と感謝状を受け取った塩澤委員長(右から2番目)、松永会長(左から2番目)、石川常務理事(左)

このページの先頭へ

2021年5月11日 ヤオコーで富士山しずおかマルシェを開催しました

野菜花卉課は、コロナ禍で販売が低迷する農産物の販売促進のため、県と連携し首都圏を中心にスーパーマーケットを展開する「ヤオコー」の埼玉・千葉・神奈川の7店舗で、2021年1~3月に6回「富士山しずおかマルシェ」を開きました。マルシェでは県内JAのレタスやセルリー、イチゴなどを販売したほか、フラワーアレンジやセルリーの鉢植えなどを展示し県産品をアピールしました。
 2020年6月に市場法が改正され、これまで農産物は市場に持ち込んで取引する「商物一致」が原則となっていましたが、産地からの直送が可能となり、半日から1日ほど早く店頭に並べることができるようになりました。この改正を契機に、同課では深刻化する物流情勢への対応と輸送時間の短縮による鮮度保持で青果物を有利に販売し、生産者所得の向上につなげていく考えです。
 同課は「次年度は県行政と連携しながら青果物収穫予測システムを構築し、最終的には産地情報を基にした販売先決定と直送体制を整備したい。今後も同様の取組を増やしていき、生産、物流、販売促進を一体的に取り組むことでこれまで以上に生産者所得の向上に結び付けたい」と意気込みました。

ヤオコー.JPG
▲マルシェのようす

このページの先頭へ

過去のイベント報告

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介