ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

2018年8月28日 7月10日 静岡県いちご生産者研究大会

IMG_6606.jpg

 7月10日、静岡県野菜振興協会いちご部会、静岡県農協営農技術員会いちご部会、本会(野菜花卉課)は、静岡市の清水テルサホールで「平成30年度静岡県いちご生産者研究大会」を開き、生産者、JA担当者ら329人が参加しました。
 静岡県のいちご生産者と関係者が一堂に会し、栽培技術を研究することにより、生産意欲の向上と静岡いちごの振興を図ることが目的。
 大会では、いちご娘の進行のもと、「第28回静岡県いちご果実品評会表彰式」や「平成29年度静岡県いちご協議会消費宣伝事業報告」を行いました。
 また、「施肥条件が‘きらぴ香’の障害果の発生に及ぼす影響」と題し農林技術研究所加工技術科 池ヶ谷篤主任研究員が講演。
 他にも、天敵防除や交配用ミツバチの有効的な使用方法について紹介されました。

このページの先頭へ

2018年8月28日 7/6~7/8 JA農機大展示会

★_DSC1166.jpg

 7月6日から3日間、県下JAと本会(農業機械課)は、吉田町川尻の吉田公園西側特設会場で「平成30年度JA農業機械大展示会」を開き、組合員ら8,456人が来場しました。
テーマは、「もっと楽に!もっと快適に!もっと効率よく!信頼のJA農機」。総体的なコスト低減を図り、農家組合員の所得向上を目指すのが目的。
 主催者を代表して経営管理委員会清会長は、「昨今の農産物の価格低迷など、静岡県の農業を取り巻く環境は厳しくなっているが、今回の展示会が静岡県農業のさらなる振興・発展の一助になれば」と挨拶。
 安全・安心で便利なシンプル農業機械がブースに展示され、最新技術を搭載したトラクター・乗用田植機が実演を交えて提案されました。
 また、セルフメンテナンスコーナーでは、点検の重要性とチェックポイントを担当者が説明。ユーザーの疑問に丁寧に応えました。

このページの先頭へ

2018年7月30日 5/26~6/17 「静岡抹茶スイーツまつり」を期間限定開催

プレゼンテーション1.jpg
 本会 商品流通開発課は、「静岡抹茶パンケーキミックス」と、東京「自由が丘スイーツフォレスト」とのコラボ企画「静岡抹茶スイーツまつり」を期間限定(5月26日~6月17日)で開催しました。
 「自由が丘スイーツフォレスト」は、各店舗のパティシエ作りたての味が楽しめるスイーツのテーマパーク。今年2月販売開始の「静岡抹茶パンケーキミックス」を使ったスイーツを、新茶の季節にあわせ商品化し、スイーツを通じて静岡の魅力を伝えるのが目的。
 アイススイーツのお店「ラブリーアイスクリーム」では、「静岡抹茶パンケーキワッフル&きなこもち(アイス)」を提供。静岡抹茶パンケーキミックスをワッフルにアレンジし、自家製の黒みつときなこ、生クリーム、ハートのホワイトチョコが添えられた一品。和風アイス「きなこもち」もトッピングした和のコラボスイーツです。
 アジアンスイーツのお店「HONG KONG SWEETS 果香」では、「静岡抹茶シノワケーキ(苺/チャーシュー)」が登場。静岡抹茶パンケーキミックスを使用したマーラーカオの生地に、特製チャーシューと苺を合わせた、2種類のチャイニーズカップケーキ。1種は特製チャーシューの角切りを贅沢に使い、もう1種は苺のコンフィチュールを入れました。
 来場者からは、「抹茶のやさしい味わいときなこの香ばしさが良い」「抹茶の生地に甘からいチャーシューと甘酸っぱい苺が合う」との声が聞かれました。
 また、あわせて「静岡抹茶スイーツHAPPYくじ」を実施。静岡抹茶スイーツを購入した方に、抽選で静岡抹茶パンケーキミックスが当たるスペシャル企画で、イベントをさらに盛り上げました。

このページの先頭へ

過去のイベント報告

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介