JA 静岡経済連 リクルートサイト
先輩職員の声

総務部 総務課 遠藤 真緒/食の安全・安心に関わる仕事を通じて、生まれ育った静岡に貢献したい。

採用情報 ホーム > 先輩職員の声 > 総務部 総務課 遠藤 真緒

入会動機

食の安全・安心に関わる仕事を通じて、生まれ育った静岡に貢献したい。

大学では情報学を専攻し、新聞やテレビなどメディアが与える影響について学んできました。当時のニュースで賞味期限偽造問題など、食の安全がおびやかされている報道を多く目にし、食に対する危機感を感じていました。
そのような中、就職活動を通して経済連の存在を知り、食の安全・安心に関わる仕事をしたい、そして生まれ育った静岡に貢献できる仕事がしたいと思ったため、経済連への入会を希望しました。

今の仕事

役員の予定管理など秘書業務の仕事。

写真:遠藤さん

総務課では、庶務や固定資産管理、諸会議の開催準備、役員の予定管理など様々な分野の仕事をしています。

私はその中でも主に役員の予定管理などの秘書業務の担当をしています。具体的には、役員や総務課宛の文書管理をしたり、役員の週間予定表を作ったりする仕事です。しかし、入会したばかりでまだまだ未熟なため、周りの先輩方にご迷惑をおかけしてしまうことが多くあります。今はジョブコーチの先輩が隣についていてくれ、フォローしてくださるので達成感ややりがいを感じながら仕事ができています。

やりがい

お電話や訪問の対応で、様々な分野の方とお話できるのが魅力。

写真:遠藤さん

総務課は、各事業部へのお問い合わせのお電話や、事務所にいらっしゃるお客様への対応など外部の方と接する機会の多い職場です。様々な分野の方とお話をすることができ、入会一年目ですが、とてもいい経験をさせてもらっています。

経済連にまた電話したい、来たいと思ってもらえるよう丁寧な対応と元気な挨拶を心がけています。また、いらしたお客様にお茶をお出しするときも静岡県の名産であるお茶をおいしく味わってもらえるよう気を配っています。

目標

仕事がスムーズにすすむように、相手の立場に立って取り組んでいきたい。

写真:遠藤さん

私は今、仕事を進める上で各事業部に積極的に話を聞きに行くよう心がけています。しかし、その後で、先輩の仕事の仕方や、話し方を見ていて「あのときこうやって聞けばよかった」「こういう気配りが足りなかったな」と思うことが多くあります。大学では卒論を書くなど自分だけ頑張ればよいことでしたが、社会では周りの方々と協力して仕事を成功させていくことが必要になります。自分のことだけ考えていてはだめで、仕事がスムーズにすすむように、提案や質問の仕方を考えていかなくてはなりません。今後もみなさまからご協力をいただけるよう、相手の立場に立って考えることを意識して、仕事に取り組んでいきたいと思います。

写真:遠藤さん

また、今は専門的な仕事に取り組んでいますが、本会は農産物の生産から販売まで多様な事業をやっています。今後それらについて知識を増やせるよういろいろなことを勉強していきたいと思います。

ページの先頭へ