JA 静岡経済連 リクルートサイト
先輩職員の声

加藤 僚/お米のことなら誰よりも詳しいという

採用情報 ホーム > 先輩職員の声 > 加藤 僚

入会動機

農作業の経験から、農業や食品に関わる仕事につきたい。

私は大学時代、農業部で農業に関することを総合的に学んできました。また、実家が兼業農家ということもあり、農作業等を通じ農業の大変さ、楽しさを経験したことから、自然と農業や食品に関わる仕事につきたいと思うようになりました。

就職活動の中で、JA静岡経済連と出会い、説明会で事業内容を知りました。
ここでは農畜産物の販売、生産資材・生活必需品の供給など、生産者の生活を支えるさまざまな事業を行っており、まさに自分がつきたいと思っていた職業だと思い、志望しました。

今の仕事

「農協のお米 パールライス」のPR。

写真:加藤さん

パールライス課では、スーパーや、食堂・お弁当や等の業務用先にお米を販売しています。私も入会するまで知らなかったのですが、そもそもパールライスとは農協のお米のブランド名です。

私は、お米を店頭に置いてもらえるようスーパーのバイヤーや店舗の担当者に提案をしたり、販売促進のためにキャンペーンや試食販売の企画・運営をしたりしています。

最近では、「農協のお米 パールライス」を知らない人に対し、どのようにPRしていくか、また、お米の消費自体が減少している中で、従来とは違った形でのお米の商品開発ができないかという点に関して、新しい取り組みを進めているところです。

やりがい

お客様からの「おいしい」や「いつも買ってるよ」という声がうれしい。

写真:加藤さん

入会当時から、頻繁に試食販売をやらせていただいており、消費者の方と直に接することができるのは非常にありがたいことだと感じています。お客様に「おいしい」や「いつも買ってるよ」と声をかけていただいたときは非常にうれしいです。その上で販売目標数量を達成し、お店の人にも喜んでいただけたときは達成感があります。

また、展示会等のイベント関係は基本的には自分で企画し、実施しています。
毎年行うイベントでも、今年は何か新しいことを取り入れてみようと意識して取り組んでいます。大変ではありますが、新しいことを考えることが楽しく、やりがいを感じています。

目標

頼られる存在になりたい。常に新しいことにチャレンジしていきたい。

写真:加藤さん

今はまだ、営業担当として未熟な部分が多く、周りに迷惑をかけることばかりですが、早く一人前になって、逆にリードできるような頼られる存在になりたいです。

そのためには、常にプロ意識を持ち、お米のことなら誰よりも知っているという自信を持てるように日々勉強をしていきたいです。さらに、お米に限らず、情勢には常にアンテナを張ってチャンスを取りこぼさないようにしていきたいです。

また、常に新しいことにチャレンジしていきたいです。前年と同じことをやっているだけでは成長はできません。良いと思ったことは躊躇せずにやってみるということが、生産者にとっても、経済連にとっても、そして自分にとってもプラスになると思います。

ページの先頭へ