JA 静岡経済連 リクルートサイト
先輩職員の声

堀内 宏城/旬のものを旬の時期に食べて「おいしい!」という感動を届けたい

採用情報 ホーム > 先輩職員の声 > 堀内 宏城

入会動機

地元静岡で働きたい!

私は静岡市出身で、「地元に帰って働く」という軸が最終的な判断基準となりました。

中学生の頃から就職活動を始める前までは保健体育の教師になることを目指していたので、大学は教育学科へと進み教員免許を取得しました。教育実習の際に久しぶりに長期間にわたり静岡に滞在し、静岡の人の温かさや地元の雰囲気が心地よかったことから静岡県に戻ってくることを決めました。就職活動中にJA静岡経済連を知り、ネットワークの広さや知名度、何より地元静岡で働き、静岡県をアピールでき、食に関わる仕事ができることに惹かれました。

今の仕事

静岡県産青果物の販売・消費宣伝事業企画立案。

写真:加藤さん

静岡県青果物の販売やそれに関わる事務作業を行っています。農家を守り、利益を得るための仕事です。県内各事業所の生産高や流通高の実績値を取りまとめ、その数値の管理も行っています。
また、限られた予算の中で効果的な消費宣伝活動をどのようにすることがベストなのかを考え、企画の立案や実施・進捗状況管理・報告資料作成も行っています。

やりがい

店頭で目に見える形で貢献できている実感。

写真:加藤さん

販売戦略に沿って自分で販売した青果物が店頭に並ばれていたり、効果的な消費宣伝活動のために作成した販促資材が使用されているのをみると関わった仕事が役にたっていると実感をすることができ、やりがいを感じます。

旬のものを旬の時期に食べて「おいしい!」という感動をみなさんへ届けたいと思います。

目標

業界のプロとして活躍すること。

写真:加藤さん

経済連の職員として青果物の販売をするには、何よりも幅広い知識を身につけることが必要です。販売戦略や過去の背景を理解するとともに前年踏襲ではなく、今後はどのようにしていくべきかを自分なりに考える。それを繰り返すことで、生産者や取引先・消費者の誰から質問をされてもすぐに答えられ、的確なアドバイスができたり、お互いに向上できる関係になりたいです。

ページの先頭へ