JA 静岡経済連 リクルートサイト
先輩職員の声

中瀬 諒亮/農家の皆さまが安心して農業ができるよう資材の面から取り組んでいきたい

採用情報 ホーム > 先輩職員の声 > 中瀬 諒亮

入会動機

静岡の「食」を多くの人に発信していきたい!

私は高校生の頃から生物学、特に植物が好きでした。その中で特に自分の生活に身近な「食」にかかわる農業に興味を持ち、大学は農学部を選びました。そこで学んだ知識や経験を活かせる仕事をしたいと思いました。また、私は静岡出身でしたが大学時代は県外におり、県外から静岡を見ている中で生まれ育った静岡のためになる仕事をしたいと思いました。

静岡の魅力で思い浮かんだのはみかんやお茶をはじめとする農作物でした。静岡の「食」を多くの人に発信していきたい!その思いを実現できる仕事は何だろう?と考え、就職活動をしている中で出会ったJA静岡経済連を志望しました。

今の仕事

営農活動で利用する資材の取り扱い。

写真:中瀬さん

営農資材課では、営農活動で利用する資材の取り扱いをしています。取り扱う資材は、「生産資材」とよばれる種子・種苗やハウスなどの資材、「出荷資材」とよばれる作物を出荷する際に利用する段ボールやパック・袋資材など、大きく2つに分けられます。

私は、その中で出荷資材と種馬鈴しょを担当しています。
日々の業務は、資材の受発注やメーカーとの価格交渉などです。

やりがい

生産から出荷までかかわり店頭で商品を見ると、役立っている事を実感。

写真:中瀬さん

営農資材課では作物の種類(野菜・花卉・柑橘等)にかかわらずあらゆる資材を取り扱うため、農業に対する様々な知識が浅く広く必要になり必然的にそういった知識が身に付きます。

特に、私が担当している種馬鈴しょでは、種である馬鈴しょの手配から出荷の際の袋や段ボールの手配まで、生産から出荷までかかわることができます。実際にスーパー等の店頭で私が担当する資材で販売されているのを見ると、私の業務が役立っているのだと実感しやりがいを感じます。

目標

農家の皆さまが安心して農業を続けていけるように資材の面からサポートしたい。

写真:先輩と中瀬さん

私たちJA静岡経済連では、組合員の方の所得向上のために日々努力しています。その中で資材担当として質の良いものを少しでも安くという意識をもって日々業務に取り組んでいます。昨今の不安定な経済情勢の中で農家の皆さまが安心してこれからも農業を続けて行けるように資材の面から取り組んでいきたいと思います。

また、取り扱う商品について、私たちが十分知識を持っていなくてはいけないので常に新しい情報に敏感に反応しながらこれからも日々勉強していきたいです。

ページの先頭へ