ホーム > 新着情報 > イベント報告 > 医療従事者と高校生にいちご贈呈でエール

イベント報告

2021年2月22日医療従事者と高校生にいちご贈呈でエール

12月17日、静岡県いちご協議会(事務局:野菜花卉課)飯田寿夫会長と本会加藤敦啓代表理事理事長は、県農業会館のJA静岡厚生連を訪れ、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療の最前線にあたる従事者に感謝の気持ちを表し、静岡いちご「紅ほっぺ」と「きらぴ香」計300パックを贈呈しました。
 贈呈したいちごは厚生連の病院や介護施設などの医療従事者に届けられました。

IMG_2030.jpg

12月18日、同協議会は藤枝市の藤枝順心高校を訪れ、女子サッカー部に静岡いちご「きらぴ香」を贈呈しました。
 同協議会は、今回贈呈式を行った藤枝順心高に加え東海大付属静岡翔洋高ラグビー部、常葉大附属橘高女子サッカー部、藤枝明誠高男子サッカー部、聖隷クリストファー高男子バレー部、富士見
高女子バレー部に合計500パックのいちごを贈呈し、コロナ禍で活動が制限される中、団体球技で全国大会へ出場する高校生を応援しました。
 藤枝順心高女子サッカー部は、1月3日から10日に行われた第29回全日本高等学校女子サッカー選手権大会で、見事優勝を果たし、連覇を達成しました。
これを祝し、同協議会は、1月20日にいちご100パックを贈りました。

S経済連 中瀬諒亮 静岡いちごで全国大会出場の高校生へエール.jpg

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介