ホーム > 新着情報 > イベント報告 > 5月22日 「ビアカクテル静岡茶ビール」開発、県知事表敬訪問

イベント報告

2019年7月19日5月22日 「ビアカクテル静岡茶ビール」開発、県知事表敬訪問

静岡茶ビール.jpg

 このほど本会(商品流通開発課)は、キリンビール㈱とともに、県産「一番抹茶」とキリンの主力商品「一番搾り生ビール」を組み合わせた「ビアカクテル静岡茶ビール」を共同開発しました。飲食店で提供し、静岡茶の新しい飲み方を提案することで、更なる消費拡大を目指すのが目的。5月22日、川勝平太静岡県知事を表敬訪問し、その取り組みについて報告しました。
 「ビアカクテル静岡茶ビール」は、抹茶の風味とビールの味がそれぞれ生きるように、抹茶のひき方を工夫するなど、経済連とキリンがオリジナルのレシピを製作。抹茶を少量の水で溶かしてグラスに入れたあと、ビールを注いで作ります。ビールは鮮やかな新緑色に染まり、お茶の甘い香りとともに楽しめます。
 取り扱いを希望する飲食店から注文を受けたあと、本会は静岡茶ビール専用抹茶を販売し、キリンは抹茶を溶かす専用容器を供給。飲食店の注目度も高く、県内外4カ所の飲食店や温泉施設などがメニューに採用、販売しています。「すっきりした味わい」「ビールが飲みやすくなった」と、女性客からの評判も上々です。
 試飲した川勝知事は、「余韻に茶の香りが感じられ、暑くなるこれからの季節にぴったり」と感想を述べ、「日本平夢テラスなど県内施設での提供も検討し、静岡茶の新しい需要創出に繋がれば」と期待を寄せました。
 今後もイベントなどでご当地ビアカクテルとして披露し、飲み方提案を続けていく予定です。

☆ 本会直営店「駿府の肉処 静岡そだち」でも提供しています!ぜひご賞味ください。

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介