ホーム > 新着情報 > イベント報告 > 4月24日 平成29年静岡茶市場初取引

イベント報告

2017年5月17日4月24日 平成29年静岡茶市場初取引

042401eve.jpg
4月24日、静岡市葵区の㈱静岡茶市場で、平成29年の新茶初取引に先立つセレモニーが行われ、生産者・茶商・JA関係者ら約800人が出席しました。新茶シーズンの到来と県産茶の高品質を、県を挙げてPRし静岡茶の消費拡大を図ることが目的。
式典では、同市場の内田行俊社長が「今年は生育が遅れているが、良質な茶になった。茶商に良いものを高値で買ってもらい、静岡県の茶業を明るい年にしたい」と挨拶し、来賓の川勝平太知事は「力を合わせて茶の生産、消費を拡大していきましょう」と呼びかけました。
初日の県内産数量は、3月の気温が低かったことから生育は1週間前後遅れ前年を大幅に下回る量。平均単価は7847円/㎏で前年に比べ57%高。
最高値は、手揉み茶がJA富士宮産「さえみどり」キログラム単価108万円で、機械製茶がJAしみず産「やぶきた」キログラム単価8万8千8百円でした。気温は低めに推移したものの、凍霜害もなく生育し、良質な茶が集まりました。

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介