ホーム > 新着情報 > イベント報告 > 12月7日 平成30年度お米生産者大会

イベント報告

2019年1月15日12月7日 平成30年度お米生産者大会

DSC_0036.jpg
 12月7日、静岡県米麦流通連絡協議会と本会(食糧部)は、グランシップ静岡で「平成30年度お米生産者大会」を開き、生産者・JA関係者ら約200人が出席しました。
 消費者に支持される売れる米づくりを進め、安定した水田農業経営の確立を図ることが目的。
 大会では、本会より「米穀を取り巻く情勢と今後の取り組みについて」と題し、29年産米をめぐる状況、30年産米の動向や今後の需給見通し、31年産米への取組みについて説明。
 また、九州沖縄農業研究センター竹内善信センター長による「多収穫品種の栽培特性と概要について」、日本健康食育協会柏原ゆきよ代表理事による「心と体が元気になるごはん生活のススメ」を講演。
 大会では、今年度の静岡県産新米キャンペーンのPRキャラクターを務めた、リオデジャネイロオリンピック400mリレー銀メダリストで御前崎市出身の、飯塚翔太選手が登場。壇上で地元のお米を試食し、「静岡コシヒカリは甘味があり、静岡きぬむすめは白さとツヤがある」と評価しました。また、「これからもみなさんが丹精込めてつくるお米を味わって、競技にまい進したい」と抱負を述べました。

このページの先頭へ

過去の新着情報

関連サイト

静岡県JAマップ 静岡県のJAをご紹介